3DSLLを

改造する前に・・

3dsを改造すると、トラブルや故障が起きた時に
Nintendoでのサポートが受けれなくなります。
改造を行う方は、自己責任で行ってください。


又、改造失敗による、データの消失等も考えて、
改造を行ってください。
基本的には、キャプチャボードを販売している業者様の
HPやその関連のHPに、作業のやり方が
書いてあります。
私はこちらのオプティマイズさんのHPを
参考にさせて頂きました。
このHPでは、キャプチャ販売業者さまとは
関連していません。
改造は自己責任で行っていただきますようお願いします。

キャプチャボード購入

まずは、基盤を入手しなければなりません

今回はNEWではない。前の3DSLLを
改造です。
キャプチャーボードの購入は、数か所あるようですが
私は、値段がそこまで高くないオプティマイズさんから
購入しました。
商品名:3DS-LLキャプチャボード(LL-SPA3) USB一体タイプ
このHPは、 こちらのサイトを参考にさせて頂きました。
土曜日に購入したのですが、日曜に対応。発送していただき
火曜日には、届いていました。

 

静電気対策

修理や改造を行う前に、必ず静電気対策を行ってください。
静電気対策を行いわないと、ICやコンデンサのチップに
ダメージを与え、故障の原因につながります。
せっかくのキャプチャボードなので大切に扱いましょう。

工具類

精密工具(プラスドライバー・マイナスドライバ・ピンセット)
iPhoneにも使われている。精密工具一式。

工具の中でも、ピンセットは重要です。
ハーネスの取り回し・電源ケーブルの抑え・
ハンダ取り付け時ハーネス抑え(ハンダ浮き防止)
参考リンク

静電気防止タイプ

お得3本タイプ

ハンダコテ
絶縁テープ
ハサミ・カッター・ニッパー
鉄やすり


3DSLLのバラシ

備え付けの基盤外し

3dsll

道具を用意

必要なものは、
揃えておきましょう。
特に先のとがったものや、ピンセットなどはかなり有効です。

3dsll

裏の蓋。ねじを開け

赤と黄色がねじです。
黄色の部分には、目隠しがあるので
精密マイナスで取り外してから
ねじを外します。

裏ぶた開けます

3dsll 3dsll

基盤のふたを開けます

開けるときはSDカード側から
開けると開けやすいです。
一気に開けると
LRボタンのハーネスが切れるので注意です。

3dsll

基盤についているねじを取ります。

基盤には計10本ついています。
赤い印のねじを外してください。

3dsll 3dsll 3dsll

コントローラーパッド取り外し

パッドのねじは2本あるので
取り外します。

取り外したら、ハーネスが止めてある留め具(爪)を
上にはね上げて、取り外します。
爪をはねあげるときは
ピンセットや先の細い精密工具で
はねあげてください。

力強く引っ張ると、爪がもげて
ハーネスを止めることが
できなくなる場合があります。

ハーネスと通信機 外し

3dsll 3dsll 3dsll 3dsll

5か所ハーネス取り外し

5か所にハーネスが
爪で止まっているので
取り外します。

はねあげる爪は、
取り外しした後に、元に戻しておいて
下さい。そのままだと
後で、基盤加工の時に
もげる可能性があるので
折りたたんでおきます。

ハーネスを引き抜くときに、
力がかかっていると思ったら
引き抜くのをやめて
爪をしっかりとはねあげてから
引き抜きましょう。

3dsll 3dsll 3dsll

基盤はそっと持ち上げて

表のハーネスを抜いたら
基盤を持ち上げるのですが
裏側にもハーネスがくっ付いているので
そっと持ち上げます。
左の写真
基盤右下にハーネスがありますが
勢いよく、基盤を持ち上げると
配線が切れたり、破損してしまいますので
ゆっくり確認しながら持ち上げましょう。

キャプチャーボード取り付け

3DSの基盤に、
グラフィックボードをハンダ付けします。

3dsll 3dsll

キャプチャボードは
優しく扱ってください
特にハーネス部分や
最初からハンダされている箇所に
変に圧をかけると
外れたり壊れたりします。

3dsll 3dsll

3DSの基盤を裏返す

裏側の赤い線の場所が
ハンダを固定する場所になります。
一度位置を確認してから
絶縁テープなどで
仮止めを行ってから
ハンダ作業にかかります。

3dsll 3dsll

ハンダ完了

ハンダの元は、送られてきますが
少な目です。作業を終了するころには
ハンダは、残りわずかでした。
心配ならば買っておいても
いいかもしれません。

ほしい人は0.3mmハンダ購入してください。
あと、ついでに絶縁テープあるといいですね
私。。なかったのでビニールテープ。
推奨はされていません。

3dsll 3dsll 3dsll 3dsll

基盤を表側に

基盤は、表側にまわすと
ハーネスの真ん中に丸い穴が開いているので
そこに、コントローラパッドのハーネスを差し込んで
先に爪の中にハーネスを入れ込みます。

改造されてる方は、
ここで、つらい思いをしているみたいです。
パッドは、2種類あるらしくて
3DSLLの場合は、パッドのハーネスが
短いとの事でした。
私は、小さいほうの3DSのパッドと
交換して、作業は順調でしたが
無い方は、あらかじめパッドも
キャプチャボードと一緒に
同時購入を
しておいて方がいいみたいです。

3dsll

電源の配線

電源の配線は最初からハンダされていますが
もろいので動かしてると
すぐ外れてしまします
写真ではパッド側。白(GND)
その逆は、赤(+1.8V)となります。

組み立てる前に

配線が終わったら
ハンダのとがりがないか?
ハンダ浮きはないかの確認と
ハンダで干渉しそうなところを
絶縁テープで保護しておいてください。


3DSLLの組み立て

組み立て~底ふたの改造

3dsll 3dsll 3dsll

組み立て

絶縁テープを張って
干渉を抑えたら
組み立てて行きましょう。
先ほどの逆で組んでいきましょう。

基礎基盤を本体に戻す時に
ボタン(L)側のハーネスが3つあるので
一番下のハーネスを裏側のラッチへ取り付けてから
爪を閉じ、基盤を本体に戻します。
戻すときには、線が干渉していないかを
確認して、戻します。

両サイドにある
音量サイドスイッチと
Wifi切り替えスイッチが
しっかり動くかを確認。

3dsll 3dsll

通信機・残りのハーネス取り付け

通信モジュール・ハーネスを元に戻し
赤い部分のハーネスを
しっかりと取り付け
爪を閉じたら、ハーネスが
奥までしっかり刺さっているかを
チェックして下さい。

あと何度も言いますが、
音量とWifiスライドスイッチは
必ずチェックしてください。
後からやり直すと
ねじをまた外さないと治せなくなります。

ねじを戻そう

3dsll 3dsll 3dsll

ねじの取り付け

私は、動作の自信がなかったので
仮止めして、動作確認が終わるまでは
しっかりと取り付けませんでした。
下のふた加工もあるので
ある程度、ねじは止めないと
干渉しているかもしれないので
4点止めくらいはしたほうが良いです。

前から壊れていた
ぐりぐりパッドの修理と
その周辺のお掃除もしておきます。

裏ふたの改造

3dsll 3dsll 3dsll

キャプチャボードの干渉を防ぐ

最後の詰めです。
裏ふたをこのまま改造なしで閉めてしまうと
基盤に思いっきり当たり
干渉してしまうので
裏ふたの加工が必要になります。
と、言っても少し切るだけです。
左の赤い部分、3か所あります。


加工後なのですが
裏ぶたを止めておく金具が
加工することにより
外れやすいので、無くさないようにしてください
私はなくしちゃったので
、 裏ふたのねじが締めれません

マイクロUSB差せるようにする

3dsll

カバー割らないように気を付ける

マイクロUSBが
差せるようにするために
赤外線の黒いプラスチックを取り外します。

3dsll 3dsll

仮止めを全て止める?

仮止めは、ここでは
まだ止めません。
この後、いろいろなチェックがあるので
トラブルが起きた時のために
まだ、ねじはすべて取り付けないで
下さい。

赤外線の穴から
マイクロUSBが、差せるようになりました。


本体の動作確認

画面・音・操作

!!注意!!USBはまだ差さないでね
ここでは、本体だけのチェックです。


さて、ここまで来ました。
ここからは動作確認になります。

確認はSUPER MARIO 3DLANDで
確認作業をすすめました。

画面

ゲームを20分くらいしましたが
問題なし、作業はそれほどしていませんが
とりあえずの確認になります。

3ds本体からの音は順調で
問題なく出ていました。

操作

ワールド1-1をクリアしましたが
動きに問題があるところはありませんでした。

チェックがすべて終わって
一通り3dsに問題がなければ
ここで、ネジを全て取り付けます。

一応。現時点ではキャプチャボードの
チェックではありません。
3dsがしっかりと動くかの確認です。
私は、キャプチャーボードがしっかりと機能
するまでは、ネジを固定しませんでした。

次はドライバ




TOP